キーワードから調べる
  1. 給与制度
  2. 人事制度
  3. 採用定着

日本で一番年収の高い会社に学ぶ労務方針

先週の週刊誌に30歳で最も年収の高い会社として、「キーエンス」が1位としてあがっていました。社内の平均年収も1,600万円を超えるそうです。

この会社、新大阪に本社がある会社です。実は私が就職活動をしているときに、大学の先輩にキーエンスに勤務されている方がいて、「福田君も来ないか」と誘われたことがあります。

当時の先輩の誘い文句も、「仕事はめちゃくちゃきついけど、稼げるし、成長できる」というような説明だったように記憶しています。

あれから、20年以上が経ち、会社の社員への考え方・やり方はほぼかわらず貫かれ、今に至っているだと思い、感心しました。社員の平均年収1,600万円、営業利益率40%以上の会社を内部で体験してみたかったな、という思いは今ではもっています。(すぐにへこたれてしまうでしょうが・・)

今はやりのワークライブバランス、働き方改革、そんなも概念はないでしょう。とにかく、日々成長し、戦闘集団として、利益をたたき上げ続けるのです。その分給与を払うのです。

この会社、なぜブラック企業だと叩かれないのでしょうか。それは、一言でいえば、社員の求めるものを理解し、それを提供できている会社だからです。

●労働の過酷さに見合う有形・無形の対価を払っていること

●社員がその過酷さを選択していること(つまり、20代はワーク、ワーク、ワークと覚悟を決めて入っている事)

があげられると思います。

結局、ワークライフバランスというのは、「仕事」と「家庭」と「趣味・プライベート」という大きく分ければ3つの時間の使い方の選択の問題です。それは年代ごとに、本人の価値観ごとに変わってくるものです。

つまり、会社はキーエンスがやっているように、自社の労務方針はコロコロ変えずに、一貫性をもって発信・制度化しておく必要があるということです。

労務方針とは会社の社員に対する考え方の事です。

●どんな社員を求めるのか

●社員のどんな行動を求めるのか

●社員にどのように報いていくのか

●年齢に応じた処遇はどのように考えるのか

●業績によりどの程度格差をつけるのか

●社員には定年まで勤めあげてほしいのか、それとも●年単位で入れかわるのか

●評価の重要ポイントは何か

これがブレていると、能力があるからといってミスマッチな人を雇ってみたり、価値観を統一できずに組織がバラバラになったりと良い事がありません。

給与制度・労務についてお悩みの方へ
次のようなことでお悩みではありませんか?

  • 給与をどのように決めたらいいのかわからない
  • 社員に給与の決め方をどのように説明したらいいのかわからない社長
  • コンプライアンス問題に悩んでいる社長
  • 人事評価制度で悩んでいる社長
  • 労使でもめたくない社長

もしも、「給与制度・労務」についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

会社が儲かる給与制度を知っておきたい!若手を辞めさせずに定着させる、若手の賃金モデルの作り方

本書では、若手の採用定着にスポットを当て、即効性が高く、ぜひとも知っておいていただきたい「若手の賃金モデルの作り方」を紹介しています。

でせっかく採った若手がドンドン辞めている、という会社が少なくありません。今の若手は“貴族”です。令和貴族ですから、ガツガツもギラギラもしていません。ポイントは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」の両立です。では、この「ソコソコ」と「ホドホド」とは何か?それを理解することが若手の定着の一歩目となります。




お名前

会社名

メールアドレス


最新情報をチェックしよう!
>【動画解説付】若手の賃金モデルの作り方

【動画解説付】若手の賃金モデルの作り方

中小企業が急速に高齢化しています。気がつけば、40代以上の中高年社員ばかりです。一方でせっかく採った若手がドンドン辞めている、という会社が少なくありません。今の若手は“貴族”です。令和貴族ですから、ガツガツもギラギラもしていません。 お金も大切ですが、お金以上に大切なのは「自分の時間」です。キーワードは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」です。そして、労務管理のポイントは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」の両立です。では、この「ソコソコ」と「ホドホド」とは何か?それを理解することが若手の定着の一歩目となります。

CTR IMG