キーワードから調べる
  1. 給与制度
  2. 人事制度
  3. 採用定着

最低賃金上昇等の労務コスト対策

2019年10月の最低賃金の引上げ額が過去最大となった。三大都市圏は28円上がり、東京都と神奈川県は初めて1000円を超える。大阪府は964円となる。

パート・アルバイトをたくさん使う流通サービス業、人出不足とあいまって、時給が上昇の一途を辿っている。

しかし、この対策は意外と簡単である。

それは1日の労働時間を30分 時短することだ。

900円×1日7時間=6300円

950円×1日6時間30分=6175円

経営者や幹部が本気になって、既成概念にとらわれず取り組めば、1日15分や30分の時短は意外にスグできる。必ずできる。

労働時間の短縮、省力化、すべての企業の最優先課題になっている。

これからの人を使うキーワードは「時給アップ」「労働時間ダウン」だ。

残業をなくすどころか、時間給者の所定内労働時間さえも、短縮する時代となってきた。戦いはこれからだ。

給与制度・労務についてお悩みの方へ
次のようなことでお悩みではありませんか?

  • 給与をどのように決めたらいいのかわからない
  • 社員に給与の決め方をどのように説明したらいいのかわからない社長
  • コンプライアンス問題に悩んでいる社長
  • 人事評価制度で悩んでいる社長
  • 労使でもめたくない社長

もしも、「給与制度・労務」についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

会社が儲かる給与制度を知っておきたい!若手を辞めさせずに定着させる、若手の賃金モデルの作り方

本書では、若手の採用定着にスポットを当て、即効性が高く、ぜひとも知っておいていただきたい「若手の賃金モデルの作り方」を紹介しています。

でせっかく採った若手がドンドン辞めている、という会社が少なくありません。今の若手は“貴族”です。令和貴族ですから、ガツガツもギラギラもしていません。ポイントは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」の両立です。では、この「ソコソコ」と「ホドホド」とは何か?それを理解することが若手の定着の一歩目となります。




お名前

会社名

メールアドレス


最新情報をチェックしよう!
>【動画解説付】若手の賃金モデルの作り方

【動画解説付】若手の賃金モデルの作り方

中小企業が急速に高齢化しています。気がつけば、40代以上の中高年社員ばかりです。一方でせっかく採った若手がドンドン辞めている、という会社が少なくありません。今の若手は“貴族”です。令和貴族ですから、ガツガツもギラギラもしていません。 お金も大切ですが、お金以上に大切なのは「自分の時間」です。キーワードは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」です。そして、労務管理のポイントは「ソコソコの給与」と「ホドホドの労働」の両立です。では、この「ソコソコ」と「ホドホド」とは何か?それを理解することが若手の定着の一歩目となります。

CTR IMG