MENU

福田秀樹のプロフィール

福田 秀樹 (ふくだ ひでき) 「儲かる会社づくり」をモットーにした社長の労務顧問

福田式賃金管理事務所・株式会社福田式経営研究所 代表
特定社会保険労務士

1972年大阪生まれの大阪育ち。同志社大学経済学部卒業後、ソフトウェア会社に入社しシステムエンジニアを志すも、早々に挫折し退社。

なんとか人生を逆転しようと働きながら税理士試験や社労士試験を受験するも、税理士試験には挫折、社労士試験だけたまたま合格し、平成12年合同事務所にて社会保険労務士の開業登録。

当時、社会保険労務士というより、複数の経営コンサルタントの先生のカバン持ちや、業務の一部を請負うことでキャリアをスタートさせる。

コンサルタントとはいうものの、若さと勢いで勝負する「社長特命 突撃ボーイ」・・。依頼されたことは何でもと引き受ける。

採用面接、営業同行、経営計画書作成、会議支援、社員研修(管理職研修からマナー研修まで)、人事制度策定、労組との団体交渉、人員リストラ、売掛金回収、金融機関への同行、QCサークル活動、5S活動、社員旅行の企画・同行、遊び人の後継者のラブホテルまでの追跡?・・・等々。

年間労働5000時間の凄まじい働きぶりの修業時代を過ごす。

そんなある年、力不足でクライアント企業が倒産。大きな精神的ショックを受ける。懇意にしていた社長はすべてを失い、一家は夜逃げ。倒産は社会的影響が絶大、中小企業の経営基盤は弱く、企業は存続してナンボ、稼いでナンボの世界を思い知る。だから、キレイごとではなく、儲かる会社づくりに尽力することを誓う。

以来10年以上、人事労務に専業特化したいま、労務関連のコンサルティング業務とアウトソーシング業務を融合した「福田式労務顧問」サービスにより、クライアント企業の人事問題に継続関与し、困って、悩んで、夜も眠れない苦悩やトラブルを山のように請け負う日々を過ごす。今のところ京都祇園など夜のネオン街に出勤することは皆無(誰か誘って下さい)で、毎日早朝から午後10時まで働き続け、「社長の労務顧問」として、目の前のクライアント企業と真剣に向き合うことで、多くの喜びと感謝の声をいただく。

著書に「監督官がやってくる!小さな会社の労基署調査対策」(日労研)
「はじめての就業規則100問100答」(アスカ出版社)などその他雑誌執筆多数。

笑顔のスタッフ紹介

人事労務についてお悩みの方は、お気軽にお問合せください!

TEL:075-257-5444

お電話の受付時間:平日9:00~17:00

info@fukudasiki.com